ゴールドカードのメリット・ステータスが高い

ゴールドカードは一般クレジットカードのワンランク上となります。
一般クレジットカードよりも、ステータスが高いメリットがあります。

クレジットカードは、今や誰でも持つことができます。
アルバイトやパートなどの非正規社員でも持つことができます。
収入がない学生でも持つことは可能です。
クレジットカードを持っていても、自慢ができる…ということはないでしょう。

しかしゴールドカードを持っている人は、それほど多くはありません。
周囲の人でゴールドカードを持っている人を、どのくらい知っているでしょうか。
お店でゴールドカードを出している人を、どのくらいの頻度で見かけるでしょうか。
きっとそれほど多くはないでしょう。
ゴールドカードは希少性があり、持っていると自慢ができるメリットがあるのです。
実際「ステータスの高いゴールドカードを持っている」という優越感を得るために、ゴールドカードを取得したという方も多いそうですよ。

ただゴールドカードのステータスが高いと言うメリットは、近年は感じにくくなっていると言われているようです。
低年会費ゴールドカードやヤング向けゴールドカードが発行されるようになり、持つ人が増えてしまったためです。
ステータスが高いメリットを得るなら、プラチナカード以上を目指すのが良いかもしれません。

クレジットカードは、どんな高額なものでも購入できるわけではありません。
利用限度額があるため、購入できる金額に制限があるのです。
一般のクレジットカードの利用限度額は10万円程度しかないこともあり、高くても100万円くらいです。
もっと使いたいと感じることもあるでしょう。

高額利用をするなら、ゴールドカードがおすすめです。
ゴールドカードは利用限度額が高いというメリットがあります。
発行したばかりでも100万円以上となることは珍しくなく、500万円ほどは普通に使うことができます。
ダイナースカードのように「利用限度額に一律の制限なし」とする場合もあります。
利用限度額を気にせずに使えることを、ゴールドカードのメリットにあげる方も多いです。

ただゴールドカードによっては、発行当初は利用限度額を低く抑えられることもあるようです。
一般のクレジットカードと変わらない!となってしまうこともあるようです。
しかしゴールドカードの利用限度額は、利用実績があれば上げられるメリットがあります。
最高利用限度額が高いゴールドカードなら、最初は10万円からスタートしても徐々に50万円→100万円→300万円…とすることができるでしょう。