三井住友ゴールドカードのメリット

スタンダードなクレジットカードとして人気が高いのが三井住友カードです。
三井住友ゴールドカードは、歴史のある発行元ということでステータスを感じられるメリットもあります。
どこで使っても恥ずかしくないゴールドカードと言えるでしょう。

三井住友ゴールドカードは、年会費を節約できるメリットがあります。
初年度年会費無料、翌年度より税別10,000円なのですが、条件を満たすことにより最大4,000円まで引き下げることができます。
半分以下の年会費にできるのは助かりますね。

年会費が低いゴールドカードはサービスはイマイチ…ということがあります。
しかし三井住友ゴールドカードは、空港ラウンジ無料利用サービスや、最高5,000万円の海外旅行保険・国内旅行保険、最高300万円までのショッピング保険などが付帯しています。
手厚いサービスを受けられるのに、年会費を低くできるというのは大きなメリットでしょう。
ゴールドカードの年会費負担を少しでも減らしたいなら、三井住友ゴールドカードはおすすめです。

三井住友ゴールドカードは、写真入りICカードを選択することも可能です。
安全性が高く万が一紛失してしまった場合でも、不正使用されにくいのもメリットです。

人気のゴールドカードに、MUFGゴールドカードがあります。
メリットは手軽に持つことができることです。
ゴールドカードは敷居が高い…と感じる人は多いです。
収入も低く大きな信用を得られない自分は、ゴールドカードの取得なんて無理と思ってしまいますよね。
しかしMUFGゴールドカードは、そのような方にもおすすめです。

MUFGゴールドカードは、年会費が格安なのがメリットです。
年会費は初年度無料、翌年度より税別1,905円です。
ゴールカードの年会費は1万円前後というのが普通だったので、MUFGゴールドカードの年会費は画期的でした。
一般のクレジットカードと同じくらいの年会費負担で良いのは、大きなメリットとなるでしょう。

また審査基準がゆるいメリットもあります。
18歳以上で本人または配偶者に収入があれば、MUFGゴールドカードは発行が可能です。
10代でも専業主婦(主夫)でも持つことができるゴールドカードなのです(学生の発行は不可です)。
MUFGゴールドカードは、ゴールドカードを身近なものにしてくれたと言えるでしょう。

国内旅行・海外旅行保険が付帯し、空港ラウンジ無料利用サービスもあるMUFGゴールドカード。
コスパが高くおすすめです。