ゴールドカード発行条件・勤続年数

ゴールドカードの発行条件に、雇用形態があります。
クレジットカードはアルバイトやパートなどの非正規社員でも、問題なく発行することができます。
しかしゴールドカードは、非正規社員では審査通過は難しいと思われます。
申込み条件には「正社員の方」とあるゴールドカードもあります。
ゴールドカードは正社員や公務員向けとなるでしょう。

ただ正社員であっても、ゴールドカードの発行条件をクリアできない場合があります。
それは勤続年数の短さです。
勤続年数が1年未満など短いと、正社員であっても発行条件を満たしていないとなってしまいます。

ゴールドカードの場合、勤続年数5年以上あるのが発行条件と言われています。
22歳で働き始めたら、27歳まではゴールドカードの取得は難しいということですね。
転職をしている方なら、30歳以上であってもゴールドカードは発行できないこともあるわけです。

ただ申込条件にはっきり勤続年数○○年以上としているゴールドカードは少ないです。
勤続年数1年未満でも申込はできますが、審査落ちする可能性も高くなります。
ゴールドカード審査に確実に通りたいなら勤続年数は5年以上、少なくとも3年以上あった方が良いでしょう。

ゴールドカードを発行するには、クレヒスが良いことが必須条件です。
クレヒスが悪いと、他の発行条件を満たしていても審査落ちしてしまいます。

クレヒスとは、クレジットカードヒストリーのこと。
クレジットカードを利用すると、個人信用情報に記録がされます。
申込み、発行、利用、返済、退会など、すべてが登録されます。
ここに返済遅延や滞納の記録が付いてしまうとアウトです。
悪いクレヒスとなってしまい、ゴールドカードは発行できなくなってしまいます。

良いクレヒスを作る条件は、クレジットカードの利用、返済を滞りなく行うことです。
月に1度は利用し、支払日にしっかり支払いを行います。
これをくり返すことで、良いクレヒスが構築されていきます。
普通にクレジットカードを使っていれば良いので、難しい条件ではないかと思われます。

またクレヒスはクレジットカードだけでなく、ローンやキャッシング、携帯電話料金の支払いなども含まれます。
クレジットカードの使い方が良くても、他の使い方が悪いとゴールドカードが発行できなくなるのです。
特に携帯電話料金の支払いはおろそかになりがちなので、注意が必要です。
良いクレヒスを作って、ゴールドカードを発行しやすくしましょう。