三井住友ゴールドカードのメリット

スタンダードなクレジットカードとして人気が高いのが三井住友カードです。
三井住友ゴールドカードは、歴史のある発行元ということでステータスを感じられるメリットもあります。
どこで使っても恥ずかしくないゴールドカードと言えるでしょう。

三井住友ゴールドカードは、年会費を節約できるメリットがあります。
初年度年会費無料、翌年度より税別10,000円なのですが、条件を満たすことにより最大4,000円まで引き下げることができます。
半分以下の年会費にできるのは助かりますね。

年会費が低いゴールドカードはサービスはイマイチ…ということがあります。
しかし三井住友ゴールドカードは、空港ラウンジ無料利用サービスや、最高5,000万円の海外旅行保険・国内旅行保険、最高300万円までのショッピング保険などが付帯しています。
手厚いサービスを受けられるのに、年会費を低くできるというのは大きなメリットでしょう。
ゴールドカードの年会費負担を少しでも減らしたいなら、三井住友ゴールドカードはおすすめです。

三井住友ゴールドカードは、写真入りICカードを選択することも可能です。
安全性が高く万が一紛失してしまった場合でも、不正使用されにくいのもメリットです。

人気のゴールドカードに、MUFGゴールドカードがあります。
メリットは手軽に持つことができることです。
ゴールドカードは敷居が高い…と感じる人は多いです。
収入も低く大きな信用を得られない自分は、ゴールドカードの取得なんて無理と思ってしまいますよね。
しかしMUFGゴールドカードは、そのような方にもおすすめです。

MUFGゴールドカードは、年会費が格安なのがメリットです。
年会費は初年度無料、翌年度より税別1,905円です。
ゴールカードの年会費は1万円前後というのが普通だったので、MUFGゴールドカードの年会費は画期的でした。
一般のクレジットカードと同じくらいの年会費負担で良いのは、大きなメリットとなるでしょう。

また審査基準がゆるいメリットもあります。
18歳以上で本人または配偶者に収入があれば、MUFGゴールドカードは発行が可能です。
10代でも専業主婦(主夫)でも持つことができるゴールドカードなのです(学生の発行は不可です)。
MUFGゴールドカードは、ゴールドカードを身近なものにしてくれたと言えるでしょう。

国内旅行・海外旅行保険が付帯し、空港ラウンジ無料利用サービスもあるMUFGゴールドカード。
コスパが高くおすすめです。

ゴールドカードのメリット・ポイント還元率が高い

クレジットカードはポイント還元率の高さで選ぶケースが多いです。
少しでもポイントがたまる方がお得ですよね。
ゴールドカードの場合は、ポイント還元率が高いというメリットはそれほど重視されていないようです。
それより付帯サービスや、ステータスというメリットを重視する方が多いようなのです。
それでもポイント還元率は低いより、高い方が良いに決まっています。
ポイント還元率が高くなるというメリットがあるゴールドカードもあります。
できるだけポイント還元率が高いゴールドカードを選ぶのは、賢い選択であるでしょう。

ゴールドカードのポイント還元率は、平均0.5%程度となります。
1.0%になると、ポイントがたまりやすいと言えます。
ただ利用金額などによりボーナスポイントプレゼントがあったり、翌年度のポイント還元率が上がるクレジットカードは、一般クレジットカードよりゴールドカードの方が優遇されやすいメリットがあります。
また海外利用時には、ポイント2倍になるというゴールドカードもあります。
一般のクレジットカードよりも、ゴールドカードの方がポイント還元率が上がるケースがよくあるのです。
ポイントをより貯めたいかたにも、ゴールドカードはおすすめでしょう。

JCBカードは日本を代表するクレジットカード会社です。
日本人なら選びたいゴールドカードでしょう。

JCBゴールドカードのメリットは、ポイントを貯めやすいことです。
通常の還元率は約0.5%ですが、JCB ORIGINAL SERIESの優待店であればポイント倍率を上げることができます。
エッソモービル、昭和シェル、セブンイレブン、スターバックス、Amazon、ローチケHMVなどで利用するとポイントが2倍以上になります。

そしてJCBゴールドカードは、手厚い補償があるのもメリットです。
海外旅行保険は最高1億円(JCBゴールドカードで旅費などの支払いがない場合は5,000万円)、国内旅行保険は最高5,000万円の保証があります。
海外に良く行く方も、JCBゴールドカードがあると安心できるでしょう。

そしてJCBゴールドカードは、ディズニーデザインを選ぶことも可能です。
さすがディズニーのオフィシャルスポンサーになっているJCBカードですね。
ゴールドカードというと男性のものというイメージがありましたが、かわいらしいデザインなので女性にもおすすめです。

年会費はオンライン申込で初年度無料、翌年度より税別10,000円です。
20歳以上から持つことができるので、若い世代にもおすすめです。

ゴールドカードのメリット・ステータスが高い

ゴールドカードは一般クレジットカードのワンランク上となります。
一般クレジットカードよりも、ステータスが高いメリットがあります。

クレジットカードは、今や誰でも持つことができます。
アルバイトやパートなどの非正規社員でも持つことができます。
収入がない学生でも持つことは可能です。
クレジットカードを持っていても、自慢ができる…ということはないでしょう。

しかしゴールドカードを持っている人は、それほど多くはありません。
周囲の人でゴールドカードを持っている人を、どのくらい知っているでしょうか。
お店でゴールドカードを出している人を、どのくらいの頻度で見かけるでしょうか。
きっとそれほど多くはないでしょう。
ゴールドカードは希少性があり、持っていると自慢ができるメリットがあるのです。
実際「ステータスの高いゴールドカードを持っている」という優越感を得るために、ゴールドカードを取得したという方も多いそうですよ。

ただゴールドカードのステータスが高いと言うメリットは、近年は感じにくくなっていると言われているようです。
低年会費ゴールドカードやヤング向けゴールドカードが発行されるようになり、持つ人が増えてしまったためです。
ステータスが高いメリットを得るなら、プラチナカード以上を目指すのが良いかもしれません。

クレジットカードは、どんな高額なものでも購入できるわけではありません。
利用限度額があるため、購入できる金額に制限があるのです。
一般のクレジットカードの利用限度額は10万円程度しかないこともあり、高くても100万円くらいです。
もっと使いたいと感じることもあるでしょう。

高額利用をするなら、ゴールドカードがおすすめです。
ゴールドカードは利用限度額が高いというメリットがあります。
発行したばかりでも100万円以上となることは珍しくなく、500万円ほどは普通に使うことができます。
ダイナースカードのように「利用限度額に一律の制限なし」とする場合もあります。
利用限度額を気にせずに使えることを、ゴールドカードのメリットにあげる方も多いです。

ただゴールドカードによっては、発行当初は利用限度額を低く抑えられることもあるようです。
一般のクレジットカードと変わらない!となってしまうこともあるようです。
しかしゴールドカードの利用限度額は、利用実績があれば上げられるメリットがあります。
最高利用限度額が高いゴールドカードなら、最初は10万円からスタートしても徐々に50万円→100万円→300万円…とすることができるでしょう。

ゴールドカードのメリット・高額な旅行保険

ゴールドカードには旅行保険の保障金額が高いというメリットがあります。
海外旅行保険のために、ゴールドカードを発行するケースもあります。
しかし一般のクレジットカードにも旅行保険は付帯しています。
ゴールドカードほど高い保障はなくても良いので、旅行保険の高額な保障金額はメリットに感じないという方もいるようです。

海外旅行保険は、保障金額が多いほどメリットが高いです。
死亡保険や後遺障害の金額よりも、疾病や傷害保障は高い方が良いでしょう。
それは海外での治療費は、膨大な金額になってしまうことが多いためです。
海外の旅行先で盲腸クラスの手術をした場合、どのくらいの治療費になると思いますか?
100万円なんて軽く超え、500万円くらいになることもあるそうです。
これを実費で負担するのは、大変ですよね。
なので高額な保障金額となる旅行保険が付帯したゴールドカードの方が、メリットが大きいと言えるのです。
一般のクレジットカードよりも、ゴールドカードだと安心できるというメリットもありますね。

家族で海外に渡航する場合は、ゴールドカードで家族カードを発行しておくのもおすすめです。
家族カードでも本カードと同等の保障を受けられるためです。

ゴールドカードには一般のクレジットカードにはないサービスが付帯しているメリットがあります。
なので年会費を支払っても、ゴールドカードを持ちたいと思います。
ゴールドカードはコスパが高いものなのです。

ゴールドカードのサービスで、メリットが大きいと言われるのが空港ラウンジの無料利用サービスです。
空港をよく利用するなら、あって損はありません。
通常は有料となりますので空港ラウンジを何度か利用するだけで、ゴールドカードの年会費の元を取ることができます。

そしてプライオリティパス付帯のゴールドカードなら、さらにメリットが大きくなります。
プライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを無料利用できるようになります

空港ラウンジ無料利用サービスは、ゴールドカードにより使える空港が指定されています。
年会費無料や低年会費ゴールドカードだと、使える空港ラウンジの数が少なくなっていますので確認をしておきましょう。
以前は空港ラウンジ無料利用サービスがまったくなく、ゴールドカード最大のメリットを感じられないものもあったようです。
しかし今はどこかしらのラウンジは使えるようになったようですね。
利用者にとっては良い傾向と言えるでしょう。

ゴールドカードのメリット・キャンペーン

キャンペーンを行っているクレジットカードは多いですよね。
ゴールドカードはこのキャンペーンによる、お得度が高いというメリットがあります。

まずゴールドカードの入会キャンペーンがあります。
一般のクレジットカードよりも、多くの特典をもらえるのがメリットです。
一般のクレジットカードなら5,000ポイントプレゼントであっても、ゴールドカードなら10,000ポイントプレゼントということがザラにあるのです。
ゴールドカードの方が年会費も高いですし、利用してくれる金額も高いと思われます。
なのでキャンペーン特典を豪華にしても、クレジットカード会社的には儲けが大きくなるからでしょう。
ゴールドカードの入会キャンペーンは、クレジットカード会社にも申込をする側にもメリットがあることになります。

そしてゴールドカードは、入会初年度年会費無料キャンペーンのメリットも大きいです。
一般のクレジットカードも行ってはいますが、せいぜい2,000円~3,000円程度のお得にしかなりません。
しかし年会費が1万円のゴールドカードなら、初年度無料になるだけでも1万円もお得になってしまうのです。
そう考えると、初年度年会費無料キャンペーンにはメリットがあると感じるでしょう。

ゴールドカードは、審査が厳しいというデメリットがあります。
一般のクレジットカードに比べると、やはり審査通過は簡単ではありません。
ゴールドカードを発行したくても審査が…という声もよく耳にします。

しかしゴールドカードの審査は、甘くなってきていると言われています。
昔ほど厳しい審査は行われず、発行される確率が高くなってきているのです。
ゴールドカードの審査が心配な人に取っては、これはメリットでしょう。

ゴールドカードの審査が甘くなってきたのは、低年会費ゴールドカードやヤングゴールドカードの登場が原因です。
低年会費ゴールドカードは、比較的審査が柔軟です。
一般のクレジットカードと同じくらいと言われることもあるくらいです。
低年会費ゴールドカードはゴールドカードなんて夢のまた夢という世界から、身近なものへとしてくれたのです。

ただゴールドカードの審査が甘くなったのは、メリットではなくデメリットと感じるケースもあります。
ゴールドカードの希少性が薄れてしまい、ステイタス性が低くなってしまいました。
昔ほどゴールドカードを持っていても、スゴイと思われなくなってしまったようです。
ステイタス性を重視する人に取っては、大きなデメリットになってしまったのです。

ゴールドカードのメリット・年会費

ゴールドカードはメリットが多いと言われています。
ゴールドカードならではのサービスが付帯しているためです。
さらにステイタス性が高いというメリットもあります。
ゴールドカードはカッコイイから持っている!という方も、少なくはありません。
しかし年会費が高いので、敬遠されているのも事実です。

ゴールドカードの年会費は、一般的なゴールドカードだと1万円くらいです。
普通のクレジットカードだと高くても2,500円~3,000円程度ですから、安いとは言えません。
ただ低年会費ゴールドカードというものが存在しています。
コチラの年会費は、2,000円~3,000円程度です。
一般のクレジットカードと同じくらいの年会費で、ゴールドカードをもつことができる時代なのです。

また中には年会費無料のゴールドカードもあります。
ゴールドカードは券面が金色で、いかにも高級感があります。
そんなゴールドカードを低年会費、年会費無料で持つことができるのはメリットでしょう。

年会費が高いのでゴールドカードは必要ないというのは、もう時代遅れの考えかもしれません。
年会費無料でないとしても一般のクレジットカードにはないサービスを受けられるメリットがあるので、コスパは高いと言えます。

クレジットカードは自ら申込みをして、審査に通過しないと持つことができません。
審査落ちする可能性もあるので、無事に発行できるかドキドキですよね。
しかしゴールドカードはほぼ審査落ちすることはない状態で、申込みをすることが可能というメリットがあります。

クレジットカードを使っていると、クレジットカード会社からゴールドカードへのインビテーションが届くときがあります。
「ウチのゴールドを使ってくれませんか?」というお誘いです。
インビテーションが届くのはランダムではなく、ゴールドカードの発行条件を満たした会員のみです。
選ばれた会員となれた時点で申込みをすれば、ほぼ審査通過決定なのです。
インビテーションはラクにゴールドカードが発行できるメリットがあると言えるでしょう。

ゴールドカードへのインビテーションをもらうには、クレジットカード会社が設定した基準に達する必要はあります。
具体的なことはわかってはいませんが、とにかく今持っているクレジットカードを使いたおすのが良いようです。
利用実績を積み上げていくことで、たくさん使ってくれる会員、ちゃんと返済をしてくれる会員というイメージをつけましょう。
そうすればゴールドカードのインビテーションは届きやすいです。

ブラックでもゴールドカードを発行できる条件

ゴールドカードの発行条件は満たしていても、審査通過が難しいのがブラックです。
ブラックとは個人信用情報に延滞、滞納、債務整理、自己破産などの履歴がある状態です。
同時期に何社にも申込をする多重申込も、ブラックになる条件です。

ブラックになってしまうと、一般のクレジットカードもほぼ審査通過することができません。
審査が甘いと言われるクレジットカードでも、発行できないことが多いです。
入会条件が厳しくなるゴールドカードなら、さらに審査通過は難しいでしょう。

しかしブラックであっても、発行できるゴールドカードもあるようです。
ブラックでも発行できる条件は、現在はブラックを解消していることです。
延滞をしている記録はあっても、現在は支払いが完了しているといった具合です。
過去にブラックとなっていても、現在の利用状況が良ければOKとするゴールドカードがあるのです。
過去の誤ちを反省し、今は良いクレジットカードを使っていれば良いということですね。

ブラックの状態でどうしてもゴールドカードが欲しい場合は、こういったゴールドカードを選ぶのがおすすめです。
ただブラックの情報は年数が経過すれば自動的に消滅します。
それからゴールドカードを発行した方が確実でしょう。

クレジットカードの審査通過しやすいのは、勤続年数が長い人です。
ゴールドカードも同じで、勤続年数はより長い方が審査では有利となります。
収入が高いとしても、勤続年数が短いとゴールドカード審査の通過は難しくなってしまいます。

ダイナースクラブは以前、勤続年数10年以上、開業から10年以上の自営業者という申込条件が付けられていました。
今はこの項目は撤廃されていますので、勤続年収10年以下でも申込ができます。
ただこれはゴールドカード審査の参考になるかと思われます。
ゴールドカードの審査では勤続年数10年に満たなくても通過できますが、10年以上あった方が審査通過はしやすいということが言えるでしょう。

ただゴールドカードの種類が多くなり、審査がやや甘いゴールドカードも登場してきています。
25歳以下でも利用できるヤング向けゴールドカードや、年会費が2,000円程度の低年会費ゴールドカードなら、勤続年数が短くても審査通過できる可能性はあるでしょう。
勤続年数が3年しかない、5年しかないという方は、このようなゴールドカードを狙うのがおすすめです。
勤続年数が長くなってから、年会費1万円以上のゴールドカードに申込みをしてみてください。

ゴールドカード審査に延滞は厳禁!

ゴールドカードの審査に通過するには、優良なクレヒスが必要となります。
大切なのは延滞や滞納を起こさないことです。
クレジットカードの支払がされないと、個人信用情報にその旨が記載されます。
そうなるとブラックとなってしまい、ゴールドカードどころか普通のクレジットカードの審査通過も難しくなってしまいます。
クレジットカードやローンなどの支払いは、延滞しないようにしましょう。

ただ2.3日の延滞であれば、まだ救いはあります。
個人信用情報に延滞として記録さるのは、3か月以上支払いが遅れたときだからです。
数日の支払いが遅れただけでは、ブラックとはならないのでゴールドカードの審査には影響しないと思われます。

しかし何度も支払いが遅れるようですと、クレジットカード会社から要注意人物としてマークされてしまいます。
今のところは数日の延滞ですがだんだん遅れる期間が長くなり、しまいには支払いがされなくなるのではないかとの心配もでてきてしまいます。
この状態でゴールドカードに申込みをしても、審査通過は難しいでしょう。

ゴールドカードホルダーになりたいなら、2,3日だからいいやと思わずに、支払いは絶対に遅れないように気を付けてください。

ゴールドカードの審査通過を目指すなら、消費者金融との契約はない方が良いです。
消費者金融との取引があるということは、お金を借りないとならない状況であるということですよね。
つまりお金に余裕がない=返済能力が低いとなってしまうのです。
ゴールドカードはある程度お金に余裕がある富裕層向けのクレジットカードです。
お金に余裕がない人には発行できないとなり、ゴールドカードに申込んでも審査落ちしてしまう可能性があるのです。

消費者金融と契約をすると、個人信用情報に記録がされます。
そのためクレジットカード会社は、消費者金融を利用していることはすぐにわかってしまいます。
隠すことはできませんので、気を付けましょう。
消費者金融と契約はしているけれど、全く使っていないという場合も影響があります。
今は借入をしてないだけで、今後利用する可能性はあるためです。

消費者金融と契約をしているけれどゴールドカード審査に通過したい方は、消費者金融は解約してしまった方が良いでしょう。
借入がないなら、解約は今すぐにでもできます。
借入がまだあるのでしたらなるべく早く返済を終えて、解約をしてください。
それからゴールドカードに申込みをすれば、審査通過の可能性が高くなります。

ゴールドカード発行条件・勤続年数

ゴールドカードの発行条件に、雇用形態があります。
クレジットカードはアルバイトやパートなどの非正規社員でも、問題なく発行することができます。
しかしゴールドカードは、非正規社員では審査通過は難しいと思われます。
申込み条件には「正社員の方」とあるゴールドカードもあります。
ゴールドカードは正社員や公務員向けとなるでしょう。

ただ正社員であっても、ゴールドカードの発行条件をクリアできない場合があります。
それは勤続年数の短さです。
勤続年数が1年未満など短いと、正社員であっても発行条件を満たしていないとなってしまいます。

ゴールドカードの場合、勤続年数5年以上あるのが発行条件と言われています。
22歳で働き始めたら、27歳まではゴールドカードの取得は難しいということですね。
転職をしている方なら、30歳以上であってもゴールドカードは発行できないこともあるわけです。

ただ申込条件にはっきり勤続年数○○年以上としているゴールドカードは少ないです。
勤続年数1年未満でも申込はできますが、審査落ちする可能性も高くなります。
ゴールドカード審査に確実に通りたいなら勤続年数は5年以上、少なくとも3年以上あった方が良いでしょう。

ゴールドカードを発行するには、クレヒスが良いことが必須条件です。
クレヒスが悪いと、他の発行条件を満たしていても審査落ちしてしまいます。

クレヒスとは、クレジットカードヒストリーのこと。
クレジットカードを利用すると、個人信用情報に記録がされます。
申込み、発行、利用、返済、退会など、すべてが登録されます。
ここに返済遅延や滞納の記録が付いてしまうとアウトです。
悪いクレヒスとなってしまい、ゴールドカードは発行できなくなってしまいます。

良いクレヒスを作る条件は、クレジットカードの利用、返済を滞りなく行うことです。
月に1度は利用し、支払日にしっかり支払いを行います。
これをくり返すことで、良いクレヒスが構築されていきます。
普通にクレジットカードを使っていれば良いので、難しい条件ではないかと思われます。

またクレヒスはクレジットカードだけでなく、ローンやキャッシング、携帯電話料金の支払いなども含まれます。
クレジットカードの使い方が良くても、他の使い方が悪いとゴールドカードが発行できなくなるのです。
特に携帯電話料金の支払いはおろそかになりがちなので、注意が必要です。
良いクレヒスを作って、ゴールドカードを発行しやすくしましょう。

ゴールドカード発行条件・年齢

ゴールドカードの取得条件は厳しいと言われていますが、現在はそれほどでもないという話もあります。
ゴールドカードはどのような条件を満たしていれば、発行することができるのでしょうか。
ゴールドカードホルダーを目指す人たちにとっては、気になる部分でしょう。

ゴールドカードへの申込条件のひとつに年齢があります。
昔は30歳以上とすること多かったのですが、現在は25歳くらいからOKとするゴールドカードも増えてきました。
低年会費ゴールドカードなら、18歳から申込むこともできます。
20代向けのヤングゴールドカードなんていうものも存在しています。
20代でゴールドカードなんて早すぎる!というのは、昔の話となってしまったようです。

年齢の条件が引き下げられたのは、ゴールドカードが身近なものになったという証拠でもあります。
10代、20代だと社会人になったばかりで、役職もまだついておらず給料も最低限しかもらえない…ということがあります。
ゴールドカードはステイタスの高いものですので、それでは発行対象とされませんでした。
しかし現在のゴールドカードは、それほど地位がなくても発行されています。
役職がない年代でも、問題ないとするようになってきたのです。

ゴールドカードの発行条件として、気になるのが年収です。
ワンランク上のクレジットカードですから、それなりの年収がないと発行できないと思われがちです。
現在ははっきり申込条件に「年収○○円以上」としているゴールドカードは少ないです。
そのためどのくらいの年収があれば良いのか、迷ってしまう人は多いようです。

ゴールドカードが発行できる年収は、500万円以上と言われていました。
しかし今は400万円あれば、発行条件はらくにクリアできるようです。
ただ300万円くらいでもゴールドカードが発行できた例はありますので、はっきりしたことは言えないでしょう。
300万円以上あれば発行条件をクリアできる可能性アリ、400万円以上あれば発行できる可能性アリ、500万円以上あれば発行されやすいと思っておけばよいかと思います。

ただ年収200万円以上あれば、発行可能なゴールドカードも登場しています。
低年会費ゴールドカードは、それほど厳しい申込条件は設けていません。
年収も200万円ほどあれば、発行できているケースが多くなっています。
年収が少ないのでゴールドカードは諦めないと…と思っていた人も、低年会費ゴールドカードなら年収の条件を満たすことができるかもしれません。